Team Foseに日本生命硬式野球部
第42回 社会人野球日本選手権にも出場します。選手がFoseをつけて優勝目指します

歴史は古く、創部は戦前1929年までさかのぼる。戦後、大阪のみならず西日本を代表する名門チームとして、プロ野球選手を多数輩出。また、ミスターアマ野球こと杉浦正則(前監督)のように、日本代表選手も多数送り出している。
都市対抗野球は歴代チーム中最多の55回、日本選手権も30回(パナソニックの34回に次ぐ記録)の出場を誇る。近年では社業に就く上での資格取得の関係上、選手の採用は原則として学卒であることを条件としているが、プロ入り前提で高卒の選手が加入することもある[2]。
日本生命硬式野球部が獲得した全国タイトルは、全国社会人チームでJX-ENEOS・東芝・住友金属に次ぎ、史上第4位の計8回(都市対抗優勝4回・日本選手権優勝3回・産業対抗優勝1回)

2016-10-30

TEAM fose-kift

}